SES(システムエンジニアリングサービス)

SES(System Engineering Service)とは、IT業界での契約形態の1つです。エンジニアは客先となるオフィスに常駐する勤務形態となります。

この契約形態はクライアント・エンジニア双方にメリットがあります。クライアントは、企業として必要としているスキルを持つ人材を集めることができます。例えば、大規模なシステムを開発する場合、一時的に大量のエンジニアが必要になることもあります。そういった時、自社でエンジニアを育成する必要がなく、スポット契約としてエンジニアとの契約を結ぶことができます。このようなことから、クライアントにとって大きなメリットがあることがわかります。

エンジニアは、客先の事情によって様々なシステム開発の案件に携わることができるので、自社開発のみでは得ることのできない多種多様な開発案件で経験を培うことができます。また、自社に所属していながらシステム開発のため様々な企業の文化に触れ、ビジネスマナー、コミュニケーション能力といったヒューマンスキルを高めていくことができます。

IT業界は学歴よりも実務経験が重要とされています。エンジニアとして技術的なスキルと社会人としてのスキルを業務を通して高めていくことができるため、早く技術を身につけたい方にとっても、働きながら学ぶことができる最適なワークスタイルと言えます。

ナナイロでは現在、地元仙台市内、関東、盛岡市内等で約25名のエンジニア(SE・PG)がSESに携わっており、日々それぞれの常駐先で開発に取り組んでいます。

SES携わっているエンジニアの中には未経験で入社したスタッフもいます。様々な開発案件を通してスキルを身につけ、今では立派なエンジニアとしてシステム・ソフトウエア開発に携わっています。

SESをメインとする事業部

キャリアアクション事業部
データソリューション事業部
ユーザーアプリケーション事業部
首都圏事業部
盛岡事業部