新着情報
塚田麻美 作品展「2017色・いろ」
2017.06.23
報道関係者各位

障害をもちながら、東日本大震災を想い、未来への祈りを込めて絵を描き続ける 塚田麻美 作品展「2017色・いろ」(いこいの村岩手)のご案内

当社、株式会社ナナイロ(仙台市、IT関連事業)は、下記の要領で絵画の個展を開催しますので、報道にて取り上げていただきたくお願い申し上げます。
 
画家の塚田麻美さん(横浜市在住)は、障害を抱えながらも、多くの日本画や油絵を描き続け、国内だけではなく海外でも数々のコンテストで入選しています。
また、東日本大震災の被災に対して強く心を痛め、「私に出来ることは、未来への祈りを込めて絵を描き続けること」を実践しており、震災後に縁のできた当社が支援することで、岩手県での作品展を開催するものです。
 
当社代表の中嶋竜大は「塚田さんの絵画が持つ、個性的で優れた感性を感じさせる色彩とフォルムにぜひ触れてほしい。」と語っております。
 
以下、作品展の概要と画家のプロフィールをご紹介いたします。

■塚田麻美 作品展「2017色・いろ」

  • 日時:2017年7月22日(土)~8月31日(木) 
       7月29日(土)PM、30日(日)AMに作品の制作実演を予定しております。
  • 場所:岩手山焼走り温泉 「いこいの村岩手」(岩手県八幡平市平笠24-1-4)
  • 展示:油画・日本画約30点
  • 入場料:無料
  • 企画:株式会社ナナイロ        https://nanairo-inc.jp
       宮城県仙台市青葉区本町2-3-10 仙台本町ビル3F
  • お問い合わせ:TEL:022-200-9006 FAX:022-200-9009

■塚田麻美 プロフィール

  • 1984年 神奈川県横浜市生まれ
  • 1994~2000年 横浜美術館子どものアトリエにて日本画・油絵等を学ぶ
  • 2006年3月 お茶の水美術専門学校研究科卒業
  • 2006年6月 「たぶろう展」新人賞受賞
  • 以降、日本の自然を描く展(上野の森美術館)、ポコラート全国公募展、新協美術展(東京都美術館)、アジア創造美術展(国立新美術館)、神奈川二科展などに多数入選。個展、ギャラリー出展多数
  • 関連書籍:「一段一段ずつ」塚田とみ子著 画・塚田麻美 北辰堂出版刊
以上