インタビュー
社員インタビュー[2016年度中途採用・プログラマ]
2017.06.23

総合商社の社内SEからナナイロのプログラマに転職したメンバーに、入社の動機や仕事のやりがい等をインタビューしました。

ここなら自分がやりたいことを見つけれる!チャレンジさせてくれる!と思い、入社を決めました。

ユーザーアプリケーション事業部 プログラマ 2016年7月入社

前職と入社の動機

元々はゲーム好きが高じて東京にあるゲーム会社に就職をしました。シーマンという人面魚を育成するゲームを生み出した会社ですね。
ですが、体調を崩してしまったこととゲーム業界の先行きに不安を感じていたこともあったので地元へ戻ることを決意し、自分のスキルを活かせそうな会社を探しました。

たまたま1社だけ社内SEを募集していた会社があり、そこに勤めることになるのですが、
・自社にSEを雇うのは初めて
・社員数150名前後の中でSEは私一人だけ
ということもあり、SEの業務や役割を教えてくれる人はいませんでしたし、すべて独学で覚えるしかなかったのでエンジニアとしての自分のスキルに正直不安を感じていました。

そんな中、あの東日本大震災が発生し、身の回りの環境が大きく変化しました。
いろんなものが流出し、失われた中で、逆境に立ち向かい新しいことにチャレンジする方々が沢山いて「自分もこのまま終わりたくない、チャレンジしたい」という気持ちが強く芽生えているのを感じていました。
そんなときです。
良縁に恵まれ、同じ県内の女性と結婚をすることになり、これを機に転職しようとマイナビで色々な会社を模索していたところ、いまの会社に巡り会うことができたのです。

ナナイロはお客様を大切にするのはもちろんのこと、社員を大切にする社風があり、事業部制という社員が新しいことにチャレンジできる仕組みも非常に魅力的で、ここなら自分がやりたいことを見つけれる!チャレンジさせてくれる!と思い、入社を決めました。

現在の職務内容

つい先日納品を終えましたが販売管理システムのメインプログラマを担当しています。

エンドユーザーさんとヒアリングを重ね、設計から開発、納品まで一貫して携わってきました。 現在は保守作業を行いつつ、別の案件に備えているところです。

仕事のやりがい・難しさ

システム開発はスピードやクオリティ等、いろいろなものが求められますが、利用者(お客様)に使っていただけることが何よりも重要です。
せっかく苦労してつくっても使ってもらえなければ何の意味もありませんので、利用者がどのようなシステムを望んでいるのかをきちんと理解する必要があります。

相手のことを考え、よりよいアイディアを提案して喜ばれたりすると、やっぱりうれしいですよね!

今後の目標や展望

クラウドやスマホ、タブレットの普及でWeb関連のシステム構築が多いので、その辺りの技術を吸収しつつ、IoTもインフラが整いつつあるのでウェアラブル端末と合わせてチャレンジ出来たらいいなぁと考えています。

会社の制度面の魅力

完全週休二日制なのできちんとプライベートの時間を守れるのが魅力です。

給与の面では事業部制を採用しているので、その事業部の頑張り(利益)によって給与(特に賞与)を多くもらうことができます。
会社の中に小さい会社(事業部)があるイメージですね。

この事業部も社内ベンチャー制度によって新しく立ち上げることができるのは大きな魅力です。

メッセージ

いまの会社に入って改めて思いましたが、その環境に身を置くというのは非常に大切なことです。 入ってくる情報(内容と量)が全然違います。

人それぞれいろんな事情があって転職できる人、できない人がいるかとは思いますが、人生の大半を過ごす会社選びは悔いがないようにきちんと選びましょう!